Layout of the second floor

first floor
Layout of the second floor

Special exhibition room

This room features special exhibits that change

長島愛生園歴史館企画展
瀬戸に架る情景

2F企画展示室

平成30年12月20日〜 開催期間は未定です
[HP掲載]
H30.12月より

瀬戸に架る情景 1988(昭和63)年5月。わずか30メートルの海峡に一本の橋が架かりました。橋の名前は「邑久長島大橋」人間回復の橋とも呼ばれました。架橋運動の開始は1972(昭和47)年。開通までには実に17年もの時間を要したことになります。邑久光明園と長島愛生園入所者で組織した「合同架橋委員会」の会議は開通まで200回を超え、各所への陳情は50回以上にも及びます。また、これ以外にも入所者自治会としての会議や陳情は数え切れません。それだけ、この端は偏見や差別のため故郷を追われ、療養所での生活を余儀なくされた人々にとって念願の橋だったのです。本企画展では、橋を架けるためにひたむきに運動した入所者の足跡と、そこに思いを馳せた入所者の姿を入所者自治会が所蔵している実物資料と、機関誌「愛生」に寄せられた投稿を元にご紹介します。

Second special exhibit

2F) Second special exhibitThis room displays materials related to the special exhibits.

Second video room

Second video roomYou can match video testimonies of the residents.
There is one large monitor and six personal booths.

Video materials:
A message to you from a person affected by Hansen's disease.A message to you from a person affected by Hansen's disease.
Page Top